本文へスキップ

県民のみなさまへ

公益社団法人 山梨県鍼灸マッサージ師会は、県民の健康・福祉の増進と公衆衛生の向上を目指しています。

ロゴマークの紹介

 

ロゴマークの説明

山梨県のシンボルでもある富士山をイメージすると共に、全ての施術が身体の血流を良くするという意味で全体を流れるようなフォルムとし、左からマッサージの手、中心を富士山とお灸、右側は鍼を表現したロゴマークです。
 公益社団法人 山梨県鍼灸マッサージ師会
   

公益社団法人 山梨県鍼灸マッサージ師会について

本会は、山梨県内に在住し、又は県内で業務を行うはり師、きゅう師及びあん摩マッサージ指圧師の国家 資格を有する会員により構成されております。
 また、鍼灸マッサージに関する学術の振興、技術の向上を推進し、はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師の資質の向上により、鍼灸マッサージの知識を一般社会に普及啓発し、鍼灸マッサージの業務を通じて、県民の健康高齢者及び勤労者の福祉の増進と公衆衛生の向上に寄与する目的で活動を行っております。

山梨県内における鍼灸マッサージ関係団体は、昭和30年に県知事の指示と県厚生労働部長の指導により、その年の5月に山梨県内にあった3団体(山梨県鍼灸マッサージ師連合会・山梨県鍼灸師会・山梨県マッサージ師会)が、合併して山梨県鍼灸マッサージ師協会を設立しました。会長に県厚生労働部長が選出され、事務所を県医薬課に置き、事務及び財務を医薬課職員の協力を得て会務を執行することになり、全県的に統一された業団の組織が誕生しました。

その後25年間の諸問題に取り組む中、法人格を得る必要性があることが全国的に広がり、昭和54年に「社団法人山梨県鍼灸マッサージ師会」が結成され、昭和58年に、山梨県鍼灸マッサージ師協会と社団法人山梨県鍼灸マッサージ師会が合併し、平成25年4月1日登記、公益社団法人山梨県鍼灸マッサージ師会と名称を変更して現在に至っております。

はり、きゅう、あん摩マッサージ指圧は、人にやさしい治療として親しまれ、東洋傳統醫學の起源は中国四千年の昔にさかのぼり、我が国でも約千二百年前の奈良・平安時代から人々に親しまれ現在に至っております。

最近は免許を持っていない無資格者がマッサージ等の医療行為を行う業者が増えております。カイロ・整体・足裏マッサージ・韓国式・タイ式・エステ等を名乗り堂々と行っています。

このホームページを通じて鍼灸マッサージに対する理解と知識を深めていただき、安全で安心できる国家資格を有する施術者の治療を受けていただき、健康な日々をお過ごしいただきたいと願っております。


まちの治療院紹介

 本会会員のうち、ホームページで紹介することを承諾していただいたところを掲載しています。

役 員 紹 介



公益社団法人
 山梨県鍼灸マッサージ師会

事務所
〒406-0032
山梨県笛吹市
石和町四日市場1862番地6

会長
〒403-0004
山梨県富士吉田市下吉田874-20
風間 孝司
TEL/fax 0555-24-3319